FXにおけるトレードスタイル

始めまして、マックス岩本です。
今週から毎週FXについての投稿をさせていただきます。
FXの基礎知識から、チャート解説など、
幅広い記事を投稿させていただきますので、
お時間があるときにでも読んでいただければ幸いです。

今日は初めての投稿ということで、
FXの基礎知識についてお届けいたします。

今回はFXのトレードスタイルについてです。
FXには様々なトレードスタイルがあり、
生活スタイルなどに合わせ、トレードスタイルを選ぶことができます。
私はデイトレードでトレードを行っており、
私の教材でも、デイトレードの手法を解説しております。

それでは、トレードスタイルについて解説いていきます。

【トレードのスタイル】

スキャルピングトレード

デイトレードの中でもわずかな空いた時間で利幅を狙って、
短時間で売買を繰り返す手法です。
約1分~60分の間にエントリーと決済を行います。
多くのプロトレーダーが利用しています。

デイトレード

1日の中で売り買いを行い、その日の内にトレードを済ませる方法です。
トレードは短期売買のため、スイングトレード(以下で解説)に比べて、
小さな利幅を狙って利益を得る方法です。
※ロット数をコントロールすることで、大きな利益も狙えます。
翌日にポジションを持ち越さないので、大きな相場の変動にすぐ対応できます。

スイングトレード

中長期トレードで、1日~1ヶ月程度の間でエントリーと決済を行います。
ゆったりとしたトレードができるので、トレードに慣れるためには
最適なトレードです。
FX初心者の方にお勧めの私の教材「FX革命」はこのスイングトレードから始めていきます。

キャリートレード

長期的にトレードを行う手法で、月に1度、もしくは数ヶ月に1度のトレード回数になります。
トレードにあまり時間を取られないことと、売買回数自体が少ないので、通常は負ける確率も低くなっています。
主に、スワップ金利を目的としたエントリーと決済を行います。

以上となります。
ぜひともあなたに合ったトレードスタイルを見つけ、
FXのトレードを行ってください。

ページトップに戻る