通貨ペアの特徴を知って、利益を上げる

こんにちは、マックス岩本です。
今週は通貨ペアについてお話いたします。

FXでは「ある通貨を買って対になる通貨を売る」
という取引が基本となりますが、
買う通貨と売る通貨の組合せのことを通貨ペアといいます。

代表的な通貨ペアは【ドル円、ユーロドル、ユーロ円、ポンドドル、ポンド円】
などがあげられますが、その他にも多くの通貨ペアがあります。

そして、これら通貨ペアにはそれぞれ異なる特徴や傾向があり、
それが基軸通貨が絡むのか、
マイナー通貨が絡むのかによっても注意点などが異なります。

例えばUSDが絡む通貨ペアの場合は、
FRBの政策の方向性や日々発表される経済指標、
企業業績などのニュースもマーケットを動かす要因になるため注意が必要です。

また、AUDなど先進国のなかでも金利が高い通貨が絡む場合は、
対になる通貨の政策金利にも注目し、
スワップを活用できる通貨ペアを選ぶことも重要になってくるでしょう。

この様に、通貨ペアと一口に言ってもそれぞれの特徴があることから
用いるトレード手法なども異なってきます。

その為、まずはそれぞれの通貨ペアの特徴を知ることが大切で、
その特性を活かした戦略を用いるのが
FXで利益を上げていく為の一つのコツになります。

今後は通貨ペアごとの特徴等もお話していきたいと思いますので、
しっかりと通貨ペアの特徴を理解し、
適切なトレード手法でトレードを行っていけるようになりましょう。

ページトップに戻る